掛布団 掛ふとん 快適寝具 快眠布団 の基本形






現在では世の中に、ありとあらゆる寝具・寝装品が販売されています。
いったい何を使えば、快眠が得られるのか、お客様としては悩まれる事が多いのではないでしょうか。



●このページは、「眠むの木」がお奨めするベーシックで一般的な適正寝具をご提案いたします。●当然の事ですが、ご使用になられる方の年齢・体格・性別・最近ではアレルギー等の体質それに加えて、室内環境(日本住宅の畳の間、マンションのフローリングの部屋等)によっても従来、お奨めできた商品がお奨めできない場合も出てきました。


「眠むの木」では / 年齢 ・体格 ・性別 / によって…もちろんご予算も含めて、


カート内の確認 眠むの木へのご来店方法

★実店舗にご来店の時はこちらをご参照下さい



●各メーカーにこだわらず店長が経験やお客様の声を集積し、「これなら満足!!」という品を提案させていただきます


さて快眠を得られる掛けふとんはどんなものが良いのでしょうか。 最近では、メーカー各社が開発研究を積み重ねて、性能の良い寝具が市販されています。

このページでは、一般的な予算の中でお求めいただける、お奨め掛けふとんをご提案のいたします

なお、このページのデータ、表現方法は●眠りと寝室の科学松下電工技術研究所 編監修/小原二郎・梁瀬度子● 熟睡できる本井上昌次郎著● ふとんと眠りの本三輪恵美子著を参照させていただきました。

快適性・価格・耐久性その他バランスのとれたお奨め出来る 寝具・寝装品

寝床内気候

●お布団のことについてチョッとだけお勉強します… 寝床内気象・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寝具に深くかかわる睡眠中の生理現象には、

@ 謝量の低下 A発汗 B寝返り

という三つの特徴があります。これらは快適な睡眠を得るための重要な要因で、人体と寝具との間の環境によって決められます。
業界では、寝床内気候と言われています

★重要!!  保温性・吸湿・透湿・放湿性・軽さ・柔らかさ及び・寝返りによる体の動きに沿うフィット性

@睡眠中は、昼間に比較して20%程度代謝量が減少します。 そして、産熱量と体温調節機能も低下するという現象がみられ、従って、人体からの放熱を防止して寝床内の暖かさを保つような機能、すなわち、保温性が必要になってきます。



代謝量


          発汗

A発汗とは、体温調節の一つの機能である温熱性発汗(周囲の環境温度が29℃以上になると自然に起こる発汗)が起こり、一晩で約コップ一杯もの汗をかくという現象です。

常に寝床内の湿度が高湿度にならないように、人体の汗を吸収し外へ放出する機能、すなわち、吸湿・透湿・放湿性能が必要です。

これまで多くの研究から、寝床内気候は、温度32〜34℃、湿度45〜55%が最適条件であるといわれています。

B寝返りとは、レム睡眠前後に必ず起こり、一定の姿勢による体への圧迫からの血行不良を防ぎ、筋肉疲労を防止するための現象ともいえます。

掛け布団が重すぎると寝返りができなくなり、血圧が寝る前の1.5〜2.5倍も上昇し、心臓への負担が大きくなります。従って、軽さも掛け布団の重要な条件です。



寝返り

綿わた敷ふとん

チョッと重いですよ 綿わた100% ドシッと重い目がお好みの方に 。
身体に優しい、植物性の自然の繊維です。仕立て直しが可能でエコロジー素材の代表です。デメリットとしては、湿気の放出性が他の繊維より少し劣っており、「日干しのお手入れ」が必要です
お日様に干したばっかりの、良質の綿わたの気持ち良さは、最高です! 

今では少し特殊になりました。やはり冬用に厚くわたを入れれば重すぎる… 冬用の中わた量としては、3.2k〜3.8k程度 お好みのわた量でお作りいたします。

150×210 綿@ 3.6k 和とじ ¥8,500
150×210 綿A 3.6k 和とじ ¥9,200 
150×210 綿B 3.6k 和とじ ¥10,300 
150×210 綿C 3.6k 和とじ ¥11,700 
150×210 綿D 3.6k 和とじ ¥12,400
150×210 綿E 3.6k 和とじ ¥13,900

■仕立て直しが比較的安く出来ます



■綿わたの品質に関しての説明はこちら


羊毛混掛布団ウール

◆羊毛混 動物性繊維のWOOLにポリエステルをMIXしたわた素材。
吸湿・放湿性に優れた天然繊維にソフトさをミックスしたわた素材です。品質にかなりの「差」がありお選びになられる時は慎重に!
低価格の羊毛混掛布団が価格競争の商材になり、粗悪な「羊毛布団」も出回っていますのでご注意を!

羊毛混(羊毛50%:フェザータッチポリエステル50%) ごく一般的な実用掛布団です。 冬用の中わた量としては、2k〜2.4k程度です。

【参考価格】
150×210 O-WT-1 2.2k    ¥7,800
170×210 O-WT-1 2.5k    ¥9,800
190×210 O-WT-1 2.8k    ¥11,800
210×210 O-WT-1 3.1k    ¥12,800
230×210 O-WT-1 3.4k    ¥13,800

●粗悪な品質の寝具も出回っていますのでご注意下さい!
正直な話「眠むの木」では羊毛系は取り扱っておりません m(_ _)m




ごく一般的な掛け布団です!!

●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら    

インビスタダクロン・クォロフィル

◆ダクロン ホコリになりにくい高性能ポリエステル100%です.
お手入れが簡単で、軽くてあったか…。一般的なお布団の中心的な素材です。またホコリになりにくく、お洗濯の後の性能の劣化も少ない事から、最近ではアレルギー対策用布団の主流の商品です。製造の歴史も古く、安心してご使用いただける、寝具です。一般実用寝具の主流の商品です。 


今、主流の高性能素材

ダクロン 7穴ダクロン・クォロフィル高性能ポリエステル 


--------------------------------------

QT-1:オーソドックスな一般品・ジュニアサイズ@8,900円より
QT-3:マイクロマティーク生地使用です。シングルサイス@13,800円
QT-4:デュエットタイプでオールシーズン対応です。
QT-5:ダクロン・コンフォレルダウンエッセンス
QT-6:アルザスニットのすぐれもの…企画から外しました
QT-7:2層構造で暖かさナンバーワン!!


 

★もう少し詳しくはこちら


●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら  

羽毛布団

◆羽毛・ご存知のように今では掛布団の主流になっています。
ただ、中羽毛の原産地や仕立て方法によって価格的に大きな「」がございます。お客様が迷われる事が多い寝具でもあります。

 

羽毛布団のトップページへのリンク

今年も素晴らしい羽毛布団が仕上がりました

●眠むの木がお奨めする羽毛布団のトップページ是非ご覧下さい●

羽毛布団の選び方へのリンク

●こちらは水鳥の農場から、洗浄・選別・・・羽毛布団の仕上がり工程をきっちりご説明のページです●


羽毛布団の仕立て直しへのリンク

●ダウンケット・羽毛布団も今ではリフォーム・仕立て直しが可能です●



●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら

●羽毛布団の選び方はこちら

●「眠むの木」おすすめ敷布団

●寝具の選び方のページ「布団屋.jp」

眠むの木のメイントップへ

迷った時はサイトマップ

法律に基づく表示

お支払い方法について

送料について

個人情報に関して


お問い合わせご質問は、お気軽にこちらから

copyright(c) 2004-2017 e-nemunoki.com All Rights Reserved.