体表近くの湿気(蒸れ感)を吸収することによって、爽快感を得られるのが、夏用寝具の基本です。

そういう意味では、木綿素材、また麻素材というのは、日本の夏の気候(温度および、湿度)に昔からぴったりな素材と言えます。また最近では、(やっぱり綿わたがいいね)というお喜びの内容のメールを頂く事が多くなってまいりました。
昔ながらの綿布団や麻布団など、今の眠りにちょっとプラスしてみてはいかがでしょうか。

夏の快眠寝具 − 掛布団類

■ 羽毛布団の収納される前に、羽毛布団のリフォーム(打ち直し)を!

羽毛布団のリフォーム

お客様とご相談の上で、作り上げる完全オーダーメイド・リフォーム/羽毛布団のリフォーム(打ち直し)についてご紹介。

夏は羽毛布団のリフォームの季節!
冬の間に使っていた羽毛布団を収納する際に、「購入した当時よりボリュームがない」、「昔より側生地が汚れてきた」、
最近、使っていて温かくなくて、寒さを感じる」 そういった事を感じた事はありませんか?
そんな時は、一度、収納される前に羽毛布団をリフォーム(打ち直し)を検討されてみては、いかがでしょうか。

冬布団を使わなくなり、お天気の良い日が続く冬までの間に、羽毛布団をのリフォームをされる事をオススメします。
長文になりますが、一度、ご参照下さいませ!

夏の快眠寝具 - 敷布団類

夏の快眠寝具 - サポート寝装品