マザーグースダウン羽毛布団 [ポーランド産/ハンガリー産]のマザーグースダウンを使用品質に徹底的にこだわって作った最高級羽毛布団のご提案

    

マザーグース専用農場の画像

■「眠むの木」サイト内の全画像の転用は禁止します■


マザーグースダウン羽毛布団、
それは自然がくれた最高クラスの水鳥羽毛の原料を生かした最高級羽毛布団です


品質にこだわり、選び抜かれた素材で作られた高級羽毛布団でお休みになりませんか。高い品質である事、普通でないもの、他をはるかに超えるもの、そんな最高級羽毛布団を作りました。マザーグースダウンは、「自然の贈り物」そのモノです。今年もポーランドやハンガリーの極寒の冬を越して、木々が緑に輝く夏の初めに産卵をします。厳しい気象から身を護るためマザーグースたちは、抜群の保温力を備えた素晴らしいダウン・羽毛を身にまとうのです。

『プレミアムゴールドラベルのマザーグース羽毛布団』DT-5羽毛布団とDT-5E羽毛布団


中わたには、ポーランドでも純粋なポーランド産と呼べるグース・鵞鳥を飼育しているマザーグース専用契約農場で採取された、こし(力)が強く毛の密度の高いマザーグースを使用しています。本物の証・アグロポールコンソーシアムのメダルタグ付きです。またDT-5E羽毛布団に関しては、ヨーロッパの羽毛産地でその年に一番状態の良いマザーグースの羽毛・ダウンを選定し、しなやかさを誇る最高級の羽毛布団用の生地で仕立て上げました。

ホワイトマザーグース画像

本物の日本国内で『最高級羽毛布団』を目指して作った逸品です


このページでは、寝具専門店として自信を持ってご提案できる最高級羽毛ランクの羽毛布団を数点ご紹介させていただきます。高い品質の羽毛布団をお求めのお客様に、是非ご検討いただきたいマザーグース羽毛布団です。

最高級のダウンの品質を誇るマザーグースの飼育環境


環境に悪影響がある様な製造設備は、360度を見渡しても全く目にする事はありません。自然そのもの… 最高品質を誇るマザーグースダウン羽毛布団の始まりは、全てこの素晴らしいこの自然環境からなのです。

素晴らしい環境と厳しい気象条件・寒暖の差が一つのポイント


寒気につつまれていた、ハンガリーの平原に久しぶりの陽光です。小屋にこもっていた3年目のマザーグースも、久しぶりの水浴びを楽しんでいるようです。氷点下10〜15度だった現地も、今回訪れた日は、マイナス2度。なんとなく暖かさを感じる一日でした。

ハンガリー産ホワイトマザーグース

この素晴らしい環境に感謝


受精の時期を迎え、農場も少し神経質…いつも通り消毒と防菌服着用です。ダウンジャケットの上に着ているため何とも言えない姿です。特に昨今「鳥インフルエンザ」対策に、現場ではかなりの神経を使っています。東欧の素晴らしい自然環境と、農場の衛生管理がきっちり行われる事で、素晴らしいマザーグースダウンを私たちは手に入れる事が出来るのです。

ポーランド・育てるプロ
クオチコ氏と

ポーランド・集めるプロ
セダー社にて

ポーランド・企画のプロ
ピューレックス社にて

ハンガリー・羽毛のプロ
FBZ社にて

ポーランド・マザーグース専用農場主K・ピオトル氏と

ポーランド・Sederセダー社 ・ テルリコフスキー社長と

ポーランドで最も歴史 のある ピウレックス社・ウコビアク社長と

ハンガリー羽毛の75%のシェアーを誇るFBZ・CEO:バラダッチ氏と



羽毛布団の最前線の多くの人達との出会いそれが京都の布団専門店「眠むの木」の誇りです



ドイツの新しいマザーグース農場 

夏の初め… ドイツ P・K / ピーターコール社 新しい農場との契約に同行させていただきました

インド綿

素晴らしいダウンが、素晴らしい品質のインド綿の縫い側に充填されます。最高品質のコラボレーション



『本物!』・・・プロとして自信を持ってお奨めするマザーグースダウンの羽毛布団

ポーランド産マザーグース


最高級のマザーグース充填

DT-1 premium:実用的な羽毛布団DT-1シリーズのフラッグシップクラスの羽毛布団です。生地は一般品、中身は最高級と言う品です。

★最高級★
ポーランド産マザーグース

ポーランドマザーグース羽毛布団

DT-5:満足感にこだわった生地/ポーランド産マザーグース羽毛を使用しています。本物をお求めの方に最高の羽毛布団の誕生!

★最高級★
ハンガリー産マザーグース

ハンガリーマザーグース羽毛布団

DT-5E:ドイツ原産の、ハンガリー育ち広大な原野でのびのび育った最高級マザーグースダウンです。/絶品!です。満足度ナンバーワン

★最高級★
ハンガリー産マザーグース

2枚合わせ最高級羽毛布団

DT-M・5E:とにかく「眠むの木」がご提案の最高級2枚合わせ羽毛布団です。もちろん本年ベストのマザーグースダウン充填です。

マザーグースのご紹介


マザーグースダウンの説明

マザーグースのご紹介:
マザーグースダウンのご紹介ページです。本当に良い羽毛布団が仕上がりました。

DTN2

DT-NU:

京都西川と「眠むの木」が一緒に作った高品質のマザーグース羽毛布団


こちらも絶品です


★アイスランドのアイダーダックの取材日記★     ★究極のアイダーダウン羽毛布団のご紹介★


★羽毛布団の選び方・羽毛布団の現場報告★




マザーグース羽毛布団のランキング…プレミアムゴールドラベルが付いているのは、みんな同じ等級?いえいえ全く違います…


 
★ポーランド、ハンガリー、ドイツ、シベリアン、カナダ…いったい何処の国が良いの…?

上にお書きした国々に共通している事、それは素晴らしい自然環境です。マザーグース羽毛布団の基本、水鳥の飼料になる質の良い麦ときれいな空気、また一日の寒暖の差が大きな気候、そして冬季の厳しい「寒さ」が素晴らしい「羽毛・ダウン」を育ててくれます。まさに最高品質の羽毛・ダウンが収獲出来る絶好の地域なのです。

良い環境が素晴らしい品質のダウンを育むのは自然の法則です。 羽毛布団の選び方について「ポーランド産が良いのかハンガリー産が良いのか、それともドイツ、カナダ?」 と言うご質問も多くいただきます。 ハンガリー産が良いのか、ポーランド産が良いのか、それとも…。結論を言いますと、どちらとも言えない…。品種と飼育期間・日数によってダウンパワーに差が出ます。

決していい加減に言っているのではありません。

水鳥のダウンも農産物である以上、その年の気象条件によって、品質には若干の波があるのも事実ですし、飼育環境や、日数によって品質に差が出てきます。その年その年にやはり微妙に変化が見られるため、やはりきっちりした原毛のチェックが基本となります。

最終的には、産地国や農場にこだわると言うより、原毛そのモノのパワーが一番重要なポイントになるものと「眠むの木」は、認識しています。 各種の品質表示のラベルにつきましても同様です。同じ原産地の品質表示のラベル…、同じ名称と言えども、原毛には、パワーの差が見られます。結論から言いますと、現場の目利きが非常に重要なポイントとなる訳です。



京都「眠むの木」の羽毛布団への気持ち…またその基本

現代の羽毛布団の加工製造技術は、昔と比べれば大変進歩しています。最新のパワーアップ技術・生地縫製技術にかかると、一般的な普及クラスの羽毛原料でも非常に暖かい羽毛布団に仕上がる事は事実です。ただ、「暖かさ」を追及し過ぎてダウン本来が持っている機能である温度・ 湿度調整の機能(睡眠時の発汗作用によるムレ感を緩和する湿度調整機能)を非常に損なっている羽毛布団等も多く見られます。

10年以上も使用出来き、「眠るための道具」ともいえる羽毛布団は、良い仕立て技術も然ることながら、「羽毛布団に入れる原料となる原毛の品質が良いと言う事」が最重要と考えています。たとえば、お料理で言えば「新鮮で優れた品質の食材」と言えます。その基本を踏まえて、ダウンの機能を充分活かせる適正な品質の生地にシンプルに充填仕上げをする事が、結局お客様のご満足度が一番高く良い羽毛布団に仕上がると言えるのです。

そのため基本と言える品質の良い原毛を実際に自分の目で確かめて納得の出来る製品企画をする事が「眠むの木」の使命と思い農場まわりをし続けております。メーカーや産地やブランドの名前だけで選ばれるのではなく、この「眠むの木」の使命と思いを込めたシンプル且つ丁寧な仕立て、優れた品質のダウンを充填した「眠むの木」オリジナル羽毛布団をお選びいただき「本物の羽毛布団」の良さをご満喫くださいませ。



羽毛布団のランキング ダウンのランクチャート/下の図のA++がお奨めです!! A+の一部またAよりも、B++が優れた品質ですのでご記憶下さい




羽毛布団のランキング

本当に良い羽毛布団は、「暖かさの質」が優れています 

気持ち良い暖かさと、汗ばむほどの暖かさでは、睡眠の質が異なります本当に品質の良い羽毛布団って、汗が出るほど暑くないのです…その理由をこちらにお書きしています。



仕切り4


マザーグース羽毛布団のページ


このページは京都の布団専門店「眠むの木」が、高品質にとことんこだわって選び抜いたホワイトマザーグースダウンを充填した最高級羽毛布団のご紹介ページです。 ホワイトマザーグースの羽毛・ダウンは、 一般的に市販されている羽毛布団に入れられている、ベーシックなレギュラーグースダウン等の羽毛・ダウンとは品質のランクが全く異なる原毛です。

毎年、質の良い家禽/グース(主に食肉用)を出荷するためにはまず、その卵を産む、健康な体格の良い「親鳥」が絶対に欠かせません。そのために多くのグースの中から、体形や羽毛の質の良い個体が「親鳥『マザーグース』」として、一般的には、オス25%、メス75%の比率で選びぬかれます。 

全ての基本・始まりは、まずこの「親鳥『マザーグース』」なのです…


マザーグース専用農場

【この画像は、ハンガリー、ケチケメート近郊のマザーグース専用農場】

【マザーグース羽毛布団について】

現在では、掛布団の中わたの主な素材は、羽毛・ダウンになっています。適正な品質の羽毛布団は、快適な眠りをサポートします。羽毛の中でも、水鳥のダウン(タンポポの綿毛のような羽毛)を使用いたします。

そのダウンの確保ですが、羽毛布団を採取するために飼育されているのではなく、殆どが食肉用に飼育された家禽類の副産物としての羽毛・ダウンが羽毛布団の詰物として利用されています。 グース農場にとって一番大切なのは、質の良い家禽を出荷するために、まず健康な親鳥から生まれた「質の良い卵」を手に入れる事から始まります。

その質の良い卵を産むために飼育されているのが、選ばれた親鳥「マザーグース」です


質の良い「卵」を産むために、多くのグースの中から、体格が良く、羽毛の質が良い親鳥が選ばれます。オス25%メス75%の比率です。選び抜かれたその「親鳥『マザーグース』」は、強烈な寒さの中で冬を越します。

1月のマザーグース農場

【1/16:極寒…クラクフ郊外のマザーグース専用農場 氷点下の世界】

ポーランドやハンガリー/東ヨーロッパの強烈な寒さの中、「グース自体の体温を保つため、充分大きくなっりプリプリに成熟した」羽毛・ダウンを身につけていきます。冬の寒さが「ダウン」を育てます。厳しい冬を越し、少し寒気も緩む季節に「産卵」 した後、マザーグースの身体に変化が現れます。気温が上がる夏に向けて、成熟したダウンの毛根の血流も少なくなり、自然の動物にみられる、「冬毛から夏毛」に生え換わる様子と同じように体表から抜けやすくなるのです。

その、成熟した素晴らしい保温力と弾力性に満ちた羽毛・ダウンを、昔ながらの技術で、女性たちが、グースにも傷みを伴う事なく、また羽毛・ダウンにもダメージを与えない方法で、ハーヴェスト(収獲)していきますポーランド、ハンガリー、チェコ、等の農場で、初夏から秋にかけて行われる風物詩です。

「眠むの木」では、そのように大切に収獲された、本物のハーヴェストマザーグースダウンを、きっちり製品化して、全国にお届けさせていただいているのです。本物のマザーグース羽毛布団、日本国内で最高クラスの、「最高級羽毛布団」を、お届けいたします。

★販売されている価格、「高額品」と言う事なら、「アイダーダックダウン」が充填された羽毛布団も有名ではあります。誤解を恐れずに言いますが、京都の布団専門店「眠むの木」としては、一般の方が実際にご使用される場合、「最高品質」の羽毛布団と言えば、やはり「マザーグースダウン」が一番「適正」だと、自信を持ってお勧めいたします。

★グースの「苦痛」を伴わない、本当の意味の「自然の贈り物」それが「眠むの木」が取り扱う本物のマザーグースダウンです

2008年ヨーロッパの動画サイトで羽毛の「ライブピッキング」の動画が流され、動物愛護の観点から羽毛製品の不買運動がおこりました。内容に関しましては、まだ採取するに至っていない未熟ダウンを、取っている少し可哀そうなシーンでした。業界に携わっている者として是非お伝えしたいのは、全ての「ライブピッキング」がグース達の苦痛を伴うモノではないと言う事です。東欧で昔から行われていた風物詩とも言える、マザーグースの「ライブピッキング」はグース達の苦痛を伴うモノではありません!

京都の布団専門店「眠むの木」がご提案している、マザーグースの「ライブピッキング」は6月の産卵を終え、完熟したダウンが、ホルモンのバランスにより、抜けやすくなったダウンを収獲するものです。下段の画像にもある様にライブピッキングの後は、グース達の食欲も増し、また長い冬に向かって体力を整えます。

そしてまた寒い冬を乗り越えて春の終わりに産卵をします。「眠むの木」のが充填するダウンをくれたマザーグース達は、今も元気にポーランドやハンガリーの野原を駆け回っているのです…「自然の贈り物」まさにその表現がピッタリだと思います。 また来年も会うのが楽しみです…
文責 京都の布団専門店「眠むの木」 矢持正三


第一次洗浄

動画をご覧下さい

たっぷりの水で洗浄をし、選別にかけます






選別機

動画をご覧下さい

羽毛選別/大型の機



8月のポーランド

【8月下旬 ポーランドのマザーグース専用農場にて】

正しい羽毛布団の選び方・

ポーランドやハンガリーの農場の様子

はこちらのページです。




仕切り1

※

仕切り2



広大なポーランド



「眠むの木」は、徹底的に品質の優れた本物にこだわります





【ポーランド産/ポーリッシュマザーグース羽毛布団】狭い、小屋・ケージの中で育った家禽とは異なり、自然真っ只中の大平原で育った水鳥はストレスもなく、本当に品質の良い「羽毛・ダウン」を身にまといます。ワルシャワから約2時間、真っ直ぐ続くフリーウェイの両サイドには、山はもちろん、 丘らしきものも全く無い平原が続いています。 綺麗な大地・・・水・餌となる麦そして、寒暖の差が大きい気候…素晴らしい羽毛を得られる条件全てが整っています 。

K・ピオトル氏に会いに行きました。彼の農場では純粋なポーリッシュグースを三代にわたって飼育しています。彼が育てたグースは、2005年にはポーランドの畜産祭で鵞鳥部門の優秀賞を受賞しました。ポーランドの首都ワルシャワまでは、日本から、ほぼ一日がかりの移動でした。

翌日、ワルシャワ駅前のホテルから、車で2時間ほど。広大な平原の中にマザーグース専用農場があります。笑顔で迎えていただいたクオチコ氏。ホームページでご紹介させていただいているマザーグースダウン使用の羽毛布団はすべて、実店舗でご覧いただけます。機会がございましたら、本物の風合い・品質を、是非確かめ下さい


マザーグースの散歩

↑産卵を終え、ファーストプラッキングが終わったマザーグース。 夏真っ盛りの8月のお昼時、散歩の時間です…。ハーベスティングが終わると、グース達は食欲が増し、飼料をたっぷり食べて、また厳しい冬に向けて体力作りをします。ポーランドやハンガリーの水鳥農場で見られる一番賑やかな季節の到来です。

極寒のマザーグース農場

厳冬期の様子はこちらをクリックしていただくとご覧いただけます
氷点下10〜20度の寒さが、マザーグースの質の良いダウンを育てます 1月のクラクフ郊外で初めての冬を越すポーリッシュマザーグース… 厳冬期は水が凍結するため、水浴びが出来ず、ホワイトグースと言うよりも ブラウングース…^^)




自然の平原の真っ只中…広々とした環境で放し飼いにされている、マザーグース。何のストレスもなく育ったグース(鵞鳥)の親鳥からは、安定した品質の良い、世界でナンバーワンと言って良いほどの良質の羽毛・ダウンを得る事が出来ます。 一般的な「グースダウン」とは全く異なった価値の羽毛とご認識下さい。食肉用に飼育されている一般の「グース」ではなく、そのグースの卵を産むために飼育されている、成熟した「親鳥・マザーグース」です。

ポーランドの大平原…冬季には、氷点下10〜20度になる、厳しい冬を3回越します。 4年にもわたって卵を産み続けるマザーグースは、極寒の冬を越すたびに、自分の体温を保持するために保温力の非常に優れたダウンを身にまとうわけです。食肉用に飼育された、若鳥とは、ダウンの強さが全く異なります。
 
ポーランド セダー社にて

羽毛布団を作るにあたり・・・
それぞれの「プロ・専門家」が納得した仕事の結果


こだわりの羽毛布団

ポーリッシュマザーグース羽毛布団

プロが作った本物の羽毛布団



DT-5羽毛布団:ポーリッシュマザーグースを匠の技で最高の商品を作りました。クリックしてDT-5羽毛布団のページへ…




3

ポーランドの名門 アニメックス

アニメックス

ポーランド国内の羽毛業界の名門・アニメックスの若き代表/ラフォル・コーラス社長。これから視察する農場の事、また私たちが訪問の前日、アニメックスの契約農場が多く集まっている、ポーランド北部の気温が「昨日、零下20度になっていたんだ。すごく寒い地域なんだ。だからダウンが大きく育つのさ…」って感じで嬉しそうに話してくれました。 (現在、グループ企業役職に就かれご活躍です)
ラボ

ラボラトリールーム・全ての羽毛精製工場には、試験・品質管理室が設けられており、精毛工程では、最低3回の品質チェックがなされます。日本向けにはかなりチェックが厳しい様子がうかがえます。安心の原毛です。

28a


ポーランド産マザーグース

19b DT-1 premium:実用的な羽毛布団DT-1シリーズのフラッグシップクラスの羽毛布団です。生地は一般品、中身は最高級と言う品です

★最高級★
ポーランド産マザーグース

19a DT-5:満足感にこだわった生地/ポーランド産マザーグース羽毛を使用しています。本物をお求めの方に最高の羽毛布団の誕生!

★最高級★
ハンガリー産マザーグース

07f DT-5E:ドイツ原産の、ハンガリー育ち広大な原野でのびのび育った最高級マザーグースダウンです。/絶品!です。満足度ナンバーワン

★最高級★
ハンガリー産マザーグース

18aDT-M・5E:とにかく「眠むの木」がご提案の最高級2枚合わせ羽毛布団です。もちろん本年ベストのマザーグースダウン充填です




仕切り3

※

仕切り4



絶品のハンガリー産マザーグース充填の最高級羽毛布団のご紹介

ハンガリー ブダペスト

ハンガリーの首都ブダペスト/街の中央を流れるドナウ川に架かる吊り橋・セーチェーニ鎖橋(Szechenyi Lanchid)の上から…

ハンガリーマザーグース専用農場の画像

ハンガリー首都ブダベストからおおよそ2時間/バーチ・キシュクン県の県都、ケチケメート( Kecskemet )の近郊のFBZ契約マザーグース専用農場です


農場の全景の画像 小林君とのスナップ マザーグースの画像 朝に取れた卵の画像
今回訪れた1月初めは、ヨーロッパ大陸全体がまるで冷凍庫の中に入ってしまった様な寒気に包まれていました。 画像またはこちらをクリックで拡大します


ハンガリー産/リピッチュマザーグース羽毛布団

マザーグースのダウン羽毛を入れた羽毛布団は、最高級羽毛布団と言っても過言ではございません。「眠むの木」がこちらでご紹介する羽毛布団は、ハンガリー産マザーグースダウン充填の最高級羽毛布団です。

このマザーグース羽毛布団の中には、ドイツ原産のハンガリーで育てられたリピッチュ種ホワイトグースのマザーグースのダウン【羽毛】を丁寧に収穫した最高級の羽毛ダウンを充填しています。ヨーロッパ大陸の中でも、最高級の良い品質を持ったダウン【羽毛】を生かした羽毛布団です。

「眠むの木」が今回ご紹介させていただく、DT-5E羽毛布団には、一般的なグースの雛を得る「卵」を産むために大切に飼育されている親鳥(マザーグース)の「成熟したダウン」を充填しております。 昔から伝えられた技法で、手作業で収穫した素晴らしいマザーグースダウンは、 一般的に販売されている、ホワイトグースダウン羽毛布団とは、全く異なる別格の最高品質の羽毛布団と言えるものです。ただし、マザーグースダウンといえども、品質・等級に大きな「差」がございますお選びになられる時は、もう一度、羽毛布団について「一つの知識として」ご確認いただきたいご説明のページをアップさせていただきました。お時間のある時に是非ご参照ください。 羽毛布団の選び方、原料産地・加工工程・豆知識のページはこちらです。


グースの飼料

↑マザーグースの飼料も、ハンガリーの大草原で採れた100%ナチュラルな穀類が与えられます。

1月のマザーグースの画像

★ハンガリーマザーグース農場の模様をこちらに動画でご覧いただけます、上の画像またはこちらをクリックしてください。 素晴らしい自然環境が、マザーグースの質の良いダウンを育てます1月の ケチケメート郊外で3年目の冬を越すポーリッシュマザーグース。



ロシアに隣接する盆地の国ハンガリーは夏と冬が大変長く気温差の激しい大陸性気候です。 そこに点在する農家で大切に育てられた水鳥からは素晴らしい品質のダウン・羽毛を採取する事が可能です。

また今回ご紹介する、「リピッチュ種マザーグースダウン」は、安全性を重視した「エコテックス規格100」の承認をいただきました。「エコテックス100規格」は、有害物質を規制する国際基準で、人体に悪影響を及ぼす有害物質について、分析、検査し、安全性が確認された物のみが認証されます。

最高の品質/安心の最高級羽毛布団をお探しの方に、原料から製造仕上げまで妥協を許さない工程を経てお作りした、リピッチュマザーグースハーべスティング【ハンドプラッキング】羽毛布団のご提案です。



バラダチ氏との再会
ハンガリーの75%のシェアを誇る FBZ社CEO・バラダチ氏との再会。またまた関係が強くなりました。ありがたい事です…。
ブダペストの町にて
バラダチ氏は、ワイン…   私は、アップルジュース… 夜遅くまで羽毛の話には尽きる事はありません


先日お客様からいただいた嬉しいメール
(お許しいただきましたので原文のまま…)

矢持様

こんにちは!
ご無沙汰しております。石垣島の○村です。
今日ポストを開けると、エアメールでポストカードが届いていました。
???と思って良く見ると、なんと矢持様からではないですか・・・!
おとぎの国のようなポーランドの絵葉書から
矢持様のお心使いとマザーグースの様子が伝わって来て嬉しくなりました。
お忙しい道中からわざわざ本当にどうもありがとうございました。

私の羽毛布団は絶好調です!
まだまだ新品のようなふわふわ感で、
先日も布団を干しながら、あまりのふわふわ感に、
ふと、このお布団を買ったの2008年だっただなんて信じられない・・・
と思っていたのですよ〜(^-^)

本当に気持ちの良いフカフカ感で、毎日「ふわぁ〜気持ちいい〜」
と思いながら寝ています。ホントに幸せです。

この羽毛布団は私の人生の中で最も重要度の高い物のうちのひとつ
と言っても過言じゃないと思っています。

三重の母共々、矢持様には本当に感謝しております。
次、また羽毛布団が必要になったときには、
絶対に眠の木さんでお世話になりたいです!!

HPも情報が沢山増えてポーランドの写真や
綿菓子みたいなふわっふわの羽毛の動画も見れて充実してますね〜!
お仕事大変かと思いますが、お体には十分お気を付けて、
これからも感動のお布団を作り続けてくださいね。

ポストカード、本当にどうもありがとうございました。
とても嬉しかったです。

ポーランドへの長旅でお疲れかと思いますので、
どうかご返信はご心配されませんように・・・

沖縄県石垣市
○村より

……………………………………………………………………
今年も、「感動」していただける本当に良い羽毛布団をお作りして全国にお届けさせていただきます!○村様 ありがとうございました。ザ・リピッチュ




ハンガリー産マザーグース

プロが作った本物の羽毛布団


お隣の国・ハンガリーで育ったマザーグース羽毛布団です 絶品!上の画像またはこちらをクリックしてお入り下さい





「リヨセルLyocell」とは

「リヨセル」は木材パルプを原料として、パルプ中のセルロースをアミンオキサイドと呼ばれる有機溶剤に直接溶解させ、薄い同溶液中で紡糸して繊維に再生したものです。

リヨセルは英国、コートルズ社が1988年に試験生産を開始。現在、コートルズ社はリヨセルとテンセルという名称のリヨセル(テンセルはコートルズ社のリヨセルの商標)を製造してます。また、オーストリアの「レンチング社」がレンチング・リヨセルを販売しています。製造は子会社の「レンチング・リヨセル社」。(レンチング社は1938年創業。1987年にリヨセルの研究開発に着手)なお、オランダのアクゾノーベル社はニューセルの名称でフィラメント(長繊維)タイプのリヨセルを生産しています。レーヨンやキュプラがセルロース誘導体を経由して製造されるのに対し、リヨセルは、セルロースのままで有機溶剤に溶解させて繊維状に再生されるため、セルロース繊維の重合度低下が少ないまま分子が再配向されることとなり、その強度は綿よりも強くなります。

しかし、紡糸時に繊維軸方向に分子がきれいに並びすぎるため、繊雄軸方向に繊維が裂ける(フィブリル化)欠点が生じます。綿と同じ天然のセルロース系繊維である「麻」も綿より強い繊維ですが、フィブリル化を起こしやすい欠点を有しています。リヨセルのフィブリル化の欠点を補うべく考案された方法が、ます、織物に揉み・たたき操作を加えて繊維にフィブリル化を起こさせ、さらに表面のミクロの毛羽を、セルロース分解酵素(セルラ−ゼなど)で処理して削り取る方法です。この加工により、ソフトでしなやかな、いわゆる「テンセル(リヨセル)風合」が発現しました。 ただし、レンチング・リヨセルもアコーディス・テンセルもノンフィブリルタイプを開発し販売しています。「レンチング・リヨセル」は商標。ヨーロッパ市場においてはリヨセル(LYOCELL)は品質表示名で、国際化繊協会(BISFA)に続いて国際標準化協会(ISO)でも認可されています。日本における組織表示は指定外繊維リヨセル(又は指定外繊維十商標)に該当し、現在品質名として申請中です。

環境に優しい「レンチング・リヨセル」の特徴

リヨセルの乾燥時の強度は綿よりも20〜30%強く、湿潤時は綿と同等クラスの強度があります。
乾燥時と湿潤時の節度にあまり差が無く、水洗いにも優れた寸法安定性があります。
水分率が高く、肌にも優しく、綿より優れた吸放湿性、吸水性を有します。

リヨセルの原綿は絹や綿の天然繊維と同様に永久的なパーマネント・クリンプがあり、自然なふくらみ、弾力感のある風合い、美しいドレープ性を生み出します。

@ 製造工程で一切の公害を出さない
完全リサイクルシステムを確立した原綿生産工場;パルプから原綿を作る工程で使用するアミン系溶剤は100%回収再利用される。安全性が高いとされるアミン酸化物でさえ、リサイクル利用される。

A 原料は計画植林された樹のパルプ
樹は自然林を伐採使用するのではなく、ブラジルで計画植林された成長の早いユーカリの樹を使用している。その耕作面積は同じ綿布を作る場合の10分の1。また、綿のように大量の水を使わないことも、環境との調和が図られているポイント。樹木の栽培も山の斜面を利用するので平地の農耕にも影響がない。

B 土に返る生分解性繊維
原料は植物なので、廃棄するときも生分解して土に還る。

C ヨーロッパ環境賞を受賞

レンチング・リヨセルは2000年度の「ヨーロッパ環境賞(EUropean Awards TheEnvironment)」で最も権威のある「環境に貢献する技術」の部門で受賞。この賞はヨーロッパ諸国から任命された環境にかかわる公的認定機関から与えられるものですが、審査基準が極めて厳しいことで知られています。また、2002年にはヨーロピアン・エコラベル(EUropean EcoLabel)にも認定され、消費者向けにラベル表示をすることが可能になりました。その他、「ISO9001」もちろん、「エコテックス100」「WWFパンダ賞」といった環境保全に関する認証も受けています。




スタッフが訪れた時期はたまたまハーべスティング【ハンドプラッキング】の時期も少しずれており、
写真撮りにつき合っていただきました。
左上はじめはにこやかに、こちらのリクエストに答えていただいていたのですが…
色んなパターンのポップを持っていただきシャッターを押す時間が長くなってしまい…

ポーランド農場

右下の段階では、チョッと段々と表情がこわばったりして…

実は太陽がまぶしかっただけなんですが…

ご家族


2年後です…

2年後です



京都の布団専門店「眠むの木」


▲メインのトップへ



●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら



●羽毛布団の選び方はこちら


●寝具の選び方のページ「布団屋.jp」


眠むの木のメイントップへ


迷った時はサイトマップ


法律に基づく表示


お支払い方法について


送料について 個人情報に関して


お問い合わせご質問は、お気軽にこちらから


copyright(c) 2004-2017 e-nemunoki.com All Rights Reserved.