同じ綿100%と言っても、品質は色々とあります。その品質の違いとは、繊維の太さや長さ、綿花100%か否か、栽培方法(オーガニック)等で変わってゆき、値段の差にもなって行きます。 品質表示では同じなのに値段の違いはその様なところで出てきます。 https://www.e-nemunoki.com/watakurabe.htm 詳しくは当店のページにてお書きしております。 #綿わた #値段の違い #オーガニックコットン #インド綿 #メキシコ綿 #スーピマ綿 #違い

スリープクリエート眠むの木さん(@kyotonemunoki)がシェアした投稿 -


綿わたの敷きふとんは蒲団屋さんの基本だった…

綿わた品質比較

最近では、睡眠を科学的に分析し、眠りについていろんな事が立証されています。レム・ノンレム睡眠や、サーカディアンリズム等々についてはごく一般的な知識として広まっていますので、あえて「眠むの木」のホームページでは省かせていただきます。

いろんな布団屋さんのページをチェックしていて、気が付いたのですが、羽毛の価格の差等は判り易く記載されていたのですが、「綿わた」についての説明が少なかったと感じました。(書かれてはいるのですが内容が、当店も含めて画一化されていた…少し反省)ということでこのページをアップすることにしました。>

結論としては「腰」です!!

もちろん、お尻の上にある腰ではなく、弾力・粘り・腰の強いお餅…の「コシ」です。実店舗にご来店の場合は、実際に数種類の「綿わた」のサンプルを触って確かめていただけるのですが、ホームページ上では、表現しにくく…。

先日、時間のあるときに「一番単純な比較方法」を行い、写真を撮りましたので一度ご覧下さい。

綿@:1kgあたり945円

品質 下 重さ

メキシコ綿:1kgあたり2,200円

品質 メキシコ 上 わた

綿Dインド綿:1kgあたり2,200円

品質 デシ綿 特上 綿



敷布団

綿@(1kg945円)と 綿DH(1kg2,200円)の「コシ」の比較です。 方法は100gのそれぞれの「わた」に全く同じ条件で1.6kgの「おもり」を置き、約10秒間かけて、3回強く押した後、一分間放置しその時の状態をデジカメで撮影しました。

チェック

画像

明らかに台座を含めた「おもり」の沈み方に差が見受けられます。 敷ふとんで一番大切な機能は、身体の適正な寝姿勢を一晩中保つという事です。

木綿わた

何回も記載いたしましたが、人の身体の重さが各部分で差があるという事です。それぞれ100gのわたを同じたたみ方にし「1.6kgのおもり」をのせました。

コシが無いわた沈んでしまっている

綿@:1kgあたり945円

良いわたカッチリ支えている

インド綿D:1kgあたり2,200円

左の綿@の「おもり」は明らかに、右の綿DHに比べて沈んでいます。

100gでもこれだけの差は出てきます。特に人の腰・お尻の部分の重さが全体の40〜50%位を占めています。ですから、支持性に欠ける「こし」のない綿では寝心地が劣ってしまいます。


木綿のページ
品質の差

敷ふとんの場合は、一般的には、シングルサイズで約6kg前後の充填量になります。中わたの代金は、綿@の場合は@945円×6kgで、5,670円、また綿DHの場合は、@2,200円×6kgで13,200円となります。

生地代金とお仕立代金は、同価格な訳ですから、商品の差額は、わた質の差で、敷ふとん一枚で、7,530円も出てくる事になります。残念なことに、その感覚は写真やカタログでは全く判りません。

●ちなみに、今回比較した「眠むの木」使用の綿わたですが、綿@は低級わたで一部落ちわたが混ざっております。 綿Dは原種はインド綿系のデシ綿で、シンドデシトップチョイスという出荷港はパキスタンのしっかり腰のある綿花を100%使用しています。

そんな訳で、毎日ご使用になる敷ふとんを、お買い上げになられる場合は、お近くの信頼できる「ふとん屋さん」で一度ご相談して、お買い上げいただきたいのです。

      赤ちゃんの布団

最高のコシがある綿DH/赤ちゃんに優しい敷布団を作りました。こちらから

●木綿わた100%の敷布団のトップへ。

●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら

●羽毛布団の選び方はこちら


羽毛布団の基本から選び方まで

羽毛布団について基礎知識から選び方まで豆知識などを交えつつ、わかりやすく説明しております。 羽毛布団に対する疑問・不安、羽毛布団の購入を考えている方へ是非一度、ご覧頂くことをお奨めします。プロが紹介する羽毛布団の選び方をご参照ください。

▲ メインのトップへ